『曽根崎心中』カバーと挿絵

ストーリーで楽しむ文楽・歌舞伎物語 (4) 『曽根崎心中』

著・令丈ヒロ子 絵・鈴木 淳子
岩崎書店刊
初版発行 2019年1月31日

近松門左衛門の半生と、
彼を有名にした代表作「曽根崎心中」のストーリーの二段構えで構成。
これを読むと文楽が観たくなります。

令丈ヒロ子先生による『曽根崎心中』のカバーと挿絵を描きました。

曽根崎心中と言えば文楽の有名な演目にゃ。
文楽って人形劇だよにゃ?

そう、人形浄瑠璃ね。
登場人物のお初と徳兵衛を浄瑠璃の【人形】で描くかそれともモデルとなった事件があるのだから現実の【人】として描くか悩んだのだけれど…
そこはどちらでもあり、どちらでもなしというオリジナルの「挿絵」として描きました。

「曽根崎心中」恋仲の徳兵衛とお初

このお話を生み出した近松門左衛門は江戸時代の人気作家さん。

歌舞伎踊りをはじめみやこの華やかさに驚く若き日の近松門左衛門

彼の人生のストーリーを通して『曽根崎心中』が描かれているから、二倍で楽しめる一冊ともいえるのよ~♪

是非ご覧くださいませ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました